大切な靴の修理を安心して任せることができる業者調査

HOME » 大事な靴を修理する前に知っておきたいこと » 修理に出すタイミング

修理に出すタイミング

靴をリペア(修理)するタイミングを紹介していきたいと思います。

大切な靴をリペア(修理)するタイミング

靴をリペア(修理)しようと思っていても「どの程度で修理に出せばよいのかわからない」と思ったことはないでしょうか?

それに、修理に出した場合、予想以上に修理費用がかかってしまい、買い直すほうが安くつく場合もあります。

そういった方たちのためにメンズ靴を修理に出すチェックポイントを紹介します。

メンズ靴の修理チェックポイント

ここでは、メンズ靴の修理で一番依頼が多いと言われているのが「靴底」のチェックポイントを掲載します。

  • 【靴底・つま先部分】
    歩き方の癖も出る部分。減り具合を頻繁にチェックするようにしましょう。
    減りが気になり始めたら、早目に修理依頼をしましょう。
  • 【靴底・真ん中部分】
    底の部分を指で押してみて、凹み具合をチェックします。
    底がペコペコするようであれば、修理について考える頃です。
  • 【靴底・かかと部分】
    かかと部分(ヒール部分)の減り具合の確認。
    この部分は靴によっては素材や仕様が異なります。
    斜めに減って行く部分でもありますが、減り過ぎると修理費用が高くなってしまう場合があるので、一番チェックしておきたい部分です。
    どの部分も減り具合によっては、費用や修理に時間がかかります。

靴底部分以外の修理も、気になった時点で業者に問い合わせることで賢く修理のタイミングをつかんで行きたいですね。

なお、高級な靴や大事な靴の場合、靴本来の仕様の素材で修理したい方もいるでしょう。

代替品で修理したくない場合や、大切な靴の場合は、できるだけ専門的な技術がある業者を選んで依頼することをおすすめします。

専門的な知識と、高い技術レベルを持つ修理業者を探したい方は、当サイトの「おすすめ靴修理業者ランキング」も参考にして下さいね。

電球高い知識と技術レベルをもつ靴の修理業者BEST5はこちら電球

 
メンズ靴の修理ができる業者BEST5